結構長い歴史

レジスターの歴史は1870年代に米国で誕生したとされています。我国には1897年に貿易商を通じて米国製の製品が輸入されたとされています。 1950年にショッピングセンターの発展によって大々的に発売されました。当時はレジにおいては必需品とされ、小型で音が小さくて耐久性に優れ、低価格なものでした。 1963年にはコンピューターとの連携システムが確立され、1971年には世界初の電子式レジスターが開発されて急速に普及しました。 1979年にはPOSスキャニングしすてもの実験に取り掛かり1985年には全国において取り入れられるようになりました。 1988年にはLANや対外ネットワーク網にも対応するようになりました。1993年にはクライアント・サーバー型のモデルも開発されました。 1996年にはマルチメディア機能にも対応したものが使われるようになりました。

シャープのレジスターでは最近のタブレットの普及によってこれまでにレジを利用して来なかった顧客層に対してもこれを取り込んで行けると見込まれています。 シャープではレジスター機能に限らず情報処理端末としての活用とその拡張性、初期費用やランニングコストの削減、小型化による省スペースの獲得、店舗内でのモバイルの利用等これまでに持っていた機能に比較してその有用性が見込まれています。 シャープの製品ではECサイトと連携したり、サイトにおける顧客情報や購買履歴から実店舗においても販売計画やプランをたてやすくなるなり起業にとってはその機能は拡張してゆくことが予測されます。 そしてシャープの中古市場も活発化することが予想され選択枝の1つとなって今後はさらに拡大して行くものと見られています。