発展する国

インドネシアでの会社設立についての取り組みやトレンド

東南アジアで最大の人口を抱え、しかも石油や森林資源など天然資源に恵まれているインドネシアは、古くから日本にとっては重要な国でした。とりわけ最近は東南アジア諸国の中でもインドネシアは高い経済成長を誇り、日本企業の進出もさらに増えています。ジャカルタをはじめとする大都市では大型ショッピングモールが次々と建設され、中産階級の層も急激に厚くなり、ビジネスチャンスは確実に膨らんでいます。同時に、多くの国々からビジネスチャンスを狙ってインドネシアに進出しよう、あるいは起業しよう、という人々の数も増えているため、競争も激化しています。そのようなインドネシアで会社設立するためには、やはり何かほかと違った特徴をはっきりと打ち出せることが成功の鍵となります。

成功する方法と工夫の仕方

そのように元気があるインドネシアで会社設立を使用とする場合には、成功する方法や工夫の仕方がいくつかあるということができます。まず、インドネシアにおいて会社設立するための法的な条件や制限をしっかりと把握しておくことが必要です。最近では外国人のビジネスや会社設立に特化したインドネシアの法律家も増えているので、そのような人たちの中から信頼できる人を選んで細かな点までアドバイスを受けることが必要です。同時に、インドネシアの習慣や文化についても細心の注意を払う必要があります。イスラム教徒が大多数なので、宗教的な面にも気を配り、うっかりと不適切なことをしてしまうようなことは避けなければなりません。同時に、日本人的な几帳面さをあまり前面に出しすぎるのも、かえって逆効果になりかねないので、注意が必要です。